オフィシャルサイトへ

Shingo Suzuki (Ovall / Hipnotics)

ベーシスト、キーボーディスト、プロデューサー、トラックメーカー。 その唯一無二のトラックメイキングは世界各国で話題になり MOKA ONLY、Blu、Hocus Pocus などが共鳴 し参加した 1st アルバム『The ABSTRACT TRUTH』は、日本のみならずフランスやポルトガルの iTunes HIP-HOP チャートで TOP10 入りし世界中で大ヒット。Myspace や Yahoo! ニュースでも「2008 年最も驚 きの新人アーティスト」として取り上げられる。 2013 年に惜しくも活動休止を発表し騒然となった Ovall ( オーバル ) のベーシスト、リーダーとしても活躍。 アルバムリリース前の朝霧 JAM が話題となり、以降 FUJI ROCK、SUMMER SONIC、RISING SUN、 GREENROOM、ITADAKI、SunSet Live など全国のフェスに引っ張りだことなる。 その後ヒップホップユニット GAGLE とのプロジェクト GAGLE×Ovall としても活動しシーンを揺さぶる。 また、ソロワークとしても、SONY、docomo、JR 東海、KOSE、みつばち保険、Music on TV、J-WAVE などの TVCM やジングル制作や、さかいゆう、Chara、KREVA、グローバー、PES (RIP SLYME)、福原美穂、 七尾旅人、ダイスケ、防弾少年団、Hanah Spring、Keyco、KOJOE、illa J らのプロデュースやサポートベー シストとしても活躍。 2015 年にはソロプロジェクト Hipnotics を始動、多岐に渡り活動の場を広げている。